名前を考えていく|名前を赤ちゃんにつける際に、迷っている人へ

名前を赤ちゃんにつける際に、迷っている人へ

名前を考えていく

水晶玉を持っている女性

どうやって赤ちゃんに名前をつけようか?そもそも姓名判断に入れる候補すら何も浮かばない!といった人も多いでしょう。ただ名前というのはつける上でポイントがいくつかあります。そこで今回はあなたがスムーズに大事な赤ちゃんに名づけられる名前を考えるための話をしておきたいと思います。まず単純に「読みやすいかどうか」はすごく重要だと言えるでしょう。口にしたときにちょっとつっかかりがあるとか、ゴロがあまり良くないとかだと赤ちゃんの名前としてつけるのはあまり良くないでしょう。つまり良い名前というのは口ずさんだときに違和感がないかどうか?そしてもう1点挙げたいのが「名前の由来を堂々と説明できるか」です。子供はそのうち必ず親に自分の名前がどういう理由でつけられたのか聞いてくるときがやってきます。そのときにちゃんと子供に理解してもらえるような由来を考えておきましょう。適当につけてみたとか、子供には言えないような理由があってはいけません。そしてもうひとつ重視してほしいのが「できるだけ書きやすい漢字であること」です。なんとなく難しい漢字の方が個性があってカッコイイようにも見えますが、子供にとって自分の名前が難しいと毎回学校などで書くときにめんどくさいですし、人から名前を読み間違えられることも頻繁にあると思います。「すいません名前は何と読めばいいでしょうか」といろんなところで言われることになるので、実際に名前を付けられた本人の気持ちになって良い名前を付けてあげてほしいと思います。難しく考えすぎずに、シンプルでかつわかりやすい名前にしておきましょう。